« 入居率平均76% サ付き住宅実態調査・・・高住財団 | トップページ | 老後の住まい 月いくら 介護、自己負担確認を »

2013年5月21日 (火)

持ち家担保に老後資金融資

 いよいよ、メガバンクでも『リバースモーゲージ』に参入するようですね。

 《参考》
 リバースモーゲージ[ reverse mortgage ]

 高齢者が保有する不動産を担保に年金方式で生活資金の融資を受け、最終的にその不動産を処分して返済する仕組み。高齢者は担保となる持ち家に住み続けることができるのが特徴。東京都武蔵野市が1981年に日本で初めて導入し、その後いくつかの自治体に広がった。民間金融機関の商品も増え、利用が伸びているが、子供など相続人の反対にあって利用できないといったケースもある。

 これからの中高年にとっては、自分のことはもとより、親世代の介護資金に行き詰まるケースも増加しています。公助だけに頼らず、自助努力できる新しい仕組みだと思います。
 この『リバースモーゲージ』は、一部の自治体と一部の地銀で先行して取り組まれてきました。この度のメガバンク参入により、社会的ニーズも急拡大するかもしれないですね。


〈日経新聞報道より抜粋〉
みずほ、リバースモーゲージに参入 メガ銀で初
----------------------------------------------------
 みずほ銀行は7月から、戸建て住宅の土地を担保に融資するリバースモーゲージの取り扱いを始める。高齢化の進展で高齢者の生活資金への不安が高まっているのに対応する。メガ銀行が参入するのは初めて。顧客数の多いみずほ銀の参入で、普及に弾みがつく可能性がある。

 まず都内の支店で始め、順次地域を広げる。住宅ローンを完済している55歳以上が対象。土地を担保に設定し、評価額の50%を上限に融資する。利回りは短期金利に連動して定期的に変わる。利子を元本に加える方式で、月々の返済は必要ない。融資は終身で亡くなるまで続ける。

 契約者が亡くなった後に土地を売却するか、相続人が肩代わりして借入金を返済する。事前に相続人との同意が必要で、グループのみずほ信託銀行が対応する。みずほ銀は老人福祉事業者などと連携し、65歳からは老人ホームの入居保証金にも充てられる。
----------------------------------------------------

人気blog(ファイナンシャルプランニング)ランキングに登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。
↑  ↑  ↑
ポチポチっと2クリックお願いします♪

|

« 入居率平均76% サ付き住宅実態調査・・・高住財団 | トップページ | 老後の住まい 月いくら 介護、自己負担確認を »

「リタイアメントプラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73995/57427285

この記事へのトラックバック一覧です: 持ち家担保に老後資金融資:

« 入居率平均76% サ付き住宅実態調査・・・高住財団 | トップページ | 老後の住まい 月いくら 介護、自己負担確認を »